牡蠣エキス人気ランキング|牡蠣エキスの選び方

HOME | 運営会社 | サイトマップ
お気に入りに追加

牡蠣エキスサプリ人気ランキングはコチラ>>

牡蠣エキスを牡蠣から摂る方法

生牡蠣

生牡蠣、一度食べたらやみつきになるくらいのおいしさがあります。加熱していない不安から食べることを躊躇するという人もいるようです。殻つきの生の牡蠣にレモンをかけて食べるという方法が多く、牡蠣のおいしさと成分をそのままいただけます。お店で食べる以外にも生牡蠣を購入して自宅で食べることも可能ではありますが、生食用の牡蠣を使うようにしましょう。生食用の牡蠣は殺菌数の少ない牡蠣なので、安心して食べられますが、いくら新鮮な牡蠣であっても加熱用となっている場合は、生食向きではありませんので注意して下さい。牡蠣そのものは一年中食べることができますが、牡蠣の味そのものが感じられる生牡蠣の一番よい季節は冬となっています。

酢牡蠣

酢牡蠣は、一般的には生牡蠣の殻を外して、ざるの中に牡蠣を入れて流水で洗い流して水気を切ってからかけ酢をかけて食べます。生牡蠣とはいえ、しっかりと洗うことが大切です。心配だという人は、塩水の中で洗って、2~3回水を換えながら洗うといいでしょう。かけ酢は、酢、だし、醤油、塩などを混ぜ合わせたもので、自分の好みで調整するといいと思います。もし、かけ酢を作るのは面倒だという人はポン酢を使ってもいいでしょう。レモンやスダチを搾ると、より味わい深い酢牡蠣となりますので、お勧めです。また、これらのかんきつ類にはビタミンCやクエン酸が豊富に含まれていますので、牡蠣に含まれる亜鉛の吸収を促進するというはたらきがあります。

焼き牡蠣

焼き牡蠣は、牡蠣を殻つきのまま焼いたものです。本来ならば、七輪や炭火でじっくり焼くとおいしさが増すと思われますが、自宅ではなかなかそうも行かないときがあるでしょう。台所にあるガスやカセットコンロを使って焼くことも可能です。生牡蠣との違いは、焼くことにより、牡蠣の香りを楽しむことができるという点と焼いたことで溢れ出す牡蠣のだしを味わうことができるという点です。自分で焼き牡蠣を作るときには、加熱用の牡蠣を使うということです。そのまま食べてもいいですし、レモンやスダチなどのかんきつ類を搾って食べるもよし、バター醤油もいいでしょう。殻の深い方を下にして焼くようにしましょう。こちらも、シーズン中の牡蠣小屋では人気のメニューとなっています。

蒸し牡蠣

蒸し牡蠣は、生牡蠣や焼き牡蠣よりも好きだという人もいる人気の牡蠣の食べ方です。自宅でも簡単に作ることができますし、蓋がしっかりできるフライパンと水があれば蒸すことが可能です。(その前に少し牡蠣の下処理はあります)15分もあれば作れますし、作り手が作ることばかりに徹することも無いので、みんなでおいしく食べられる点も人気です。ポン酢や醤油などをかけて食べましょう。また、電子レンジを使って蒸し牡蠣を作る方法もあります。さらに、蒸した牡蠣は冷凍食品でも発売されています。このような食品は牡蠣料理をしたいときにすぐに使うことができるのでかなり重宝します。冷凍された蒸し牡蠣があれば、食べたいときにすぐに牡蠣を使った料理を作ることができるのでお勧めです。

牡蠣フライ

牡蠣フライは、生牡蠣や焼き牡蠣などを食べたことが無いという人でも、食べたことがあるメニューのひとつではないでしょうか。主にマガキが使用されており、旬の時期を過ぎると岩牡蠣が使われることが多いので、ほぼ一年中食べることができるメニューです。最近では、揚げるだけの牡蠣フライが冷凍食品でも多く発売されていますから、身近な牡蠣の食べ方と言えます。自宅で作るときには、牡蠣の旨みを閉じ込めるために、衣はしっかりと付けるということが大切です。よく、衣をはたくのを見かけますが、衣が薄いと牡蠣の旨みが逃げてしまいます。また、牡蠣は水分が多いので油はねしやすいのですが、衣がしっかりと付いているとこの油はねを防止することができます。パン粉は、できれば生パン粉を使う方がおいしく仕上がります。

牡蠣エキスサプリ人気ランキングはコチラ>>

このサイトについて