牡蠣エキス人気ランキング|牡蠣エキスの選び方

HOME | 運営会社 | サイトマップ
お気に入りに追加

牡蠣エキスサプリ人気ランキングはコチラ>>

牡蠣エキスQ&A

摂取量の目安は?

牡蠣エキスを使用したサプリメントの摂取量の目安は、それぞれのサプリメントでかなりの違いがあります。1日1回1粒というような分かりやすい摂取量というものばかりではありません。中には、4粒というようなどうやって振り分けようか?と悩むようなパターンもあります。私たちが1日に摂取した方がいい亜鉛の量というのは、男性で12mg、女性で9mgとなっています。牡蠣エキスを使った亜鉛のサプリメントですが、1日当たりの亜鉛含有量はだいたい7mg~12mg辺りが多く、中にはハッキリとした量の明記が無いというパターンもあります。牡蠣エキスと普段の食事で、とりあえずは亜鉛の摂取量は充分という値になるはずです。もし、少し多めに摂取してしまった場合も、体外に排出されますので身体には支障はありません。

飲むタイミングは?

牡蠣エキスを飲むタイミングが分からないという声が多くあります。確かにそうです、牡蠣エキスを使ったサプリメントには、服用について詳しく書かれていませんから。サプリメントの類になるので、詳しい飲むタイミングについてが記載できないということが言えるのですが、実際にはこのタイミングで飲んだ方がいいというものは存在します。それは、食後です。食後に飲む方が吸収がよくなるので、効果を発揮します。亜鉛は吸収しにくい成分ですので、できれば食後に飲むことで吸収を良くすることをお勧めします。どの食事の後かということですが、亜鉛の効果を発揮したいときの前には飲みましょう。日中に活動している人は、朝食後や昼食後に飲むことをお勧めします。

飲み方は?

牡蠣エキスのサプリメントの飲み方ですが、一般的には水での服用となります。そのままの服用ですと、ソフトカプセルタイプなどは、食道にカプセルが留まってしまったり、食道炎などの症状を起こすことがあります。水なしで飲めるという人でも、水を使って飲みようにして下さい。また、使用してはいけないのがお茶や紅茶です。これらの飲み物にはタンニンという渋み成分が配合されており、この成分そのものは独特の渋みでお茶などをおいしくする作用があったり、その他の効果もあるのですが、亜鉛とはとても相性が悪い成分なのです。それは、亜鉛の吸収を妨げてしまうからです。これでは、何のために牡蠣エキスを使用するのか分からなくなりますから、飲むときは水ということを守るようにして下さい。

妊娠中でも飲んでいい?

牡蠣エキスを使ったサプリメントは薬ではないので、妊娠中でも飲むことはできます。牡蠣エキスは亜鉛を多く含んでいるので、亜鉛の効果を得られます。疲れにくくする効果、妊娠後期の高血圧や糖尿病を予防する効果などが得られます。牡蠣エキスは、亜鉛以外にも商品によってその他の配合成分がたくさんありますので、その効果も得ることができます。牡蠣エキスを使ったサプリメントに含まれるにんにく、ビタミン類、アミノ酸、鉄、などの効果まで得られますので、栄養素を補給するという効果もあります。もし、体調面で不安があるという場合やどうしても心配だという場合は、妊婦健診のときにでも、担当の医師に相談してみてはいかがでしょうか。

子供でも飲んでいいい?

牡蠣エキス、とても身体によいものなので、子どもにも飲ませたいという気持ちにもなるでしょう。しかし、栄養価が高いために子供に飲ませてもいいのか疑問に思うというのも分かります。牡蠣エキスは元々は食品由来なので牡蠣にアレルギーがある場合は飲むことは難しくなりますが、そうでなければ飲むことに問題はありません。むしろ、子供達といえば成長中ですから、亜鉛の効果を得ることはメリットがたくさんあります。身長を伸ばす効果や、視力の低下を予防する効果、受験を控えているときの勉強のサポートになる記憶力の向上なども得られますし、亜鉛の基本中の基本である免疫力向上の効果も期待できます。ただ、サプリメントがソフトカプセルや錠剤タイプなので、苦手という子供達は飲むのが難しいとは言えます。

牡蠣エキスサプリ人気ランキングはコチラ>>

このサイトについて