牡蠣エキス人気ランキング|牡蠣エキスの選び方

HOME | 運営会社 | サイトマップ
お気に入りに追加

牡蠣エキスサプリ人気ランキングはコチラ>>

牡蠣エキスの成分

タウリン

タウリンとは、栄養ドリンクでも多く含まれている成分です。タウリン○○mg配合!というようなCMもありました。このタウリンですが、牡蠣エキスに含まれている成分で、牡蠣エキス=タウリンと言っても決して大げさではありません。その効果は、血液をサラサラにする効果や、血液の循環をよくする効果、新陳代謝を活発にさせる効果、もちろん免疫力アップの効果もあります。
その他にも、肝機能を向上させる効果、糖尿病に関係するインシュリンをの分泌を促す効果、中性脂肪を取り除く効果があります。血圧を安定させる効果があるので、高血圧の改善効果もあります。まさしく、生活習慣病の予防や改善の効果があるのです。このような効果があるタウリンが牡蠣エキスの中には含まれています。

アミノ酸

アミノ酸は、私たちの身体には必要不可欠な成分です。アミノ酸とはたんぱく質を作る小さな成分であり、その数は500とも言われていますが、私たち人間の身体に関わりがあるのは20種類と言われています。その機能は、幅広く、筋肉や骨の増強効果、疲労回復効果、内臓機能を高める効果、脳に作用しうつの予防と改善の効果があります。さらに、成長期の子供の成長を促す効果もあります。そして、最近注目されているのが、アミノ酸が病気の予防、改善効果があるということです。慢性関節リウマチの予防、改善効果や、肝機能を高める効果、葉酸と結びつくことで乳がん、大腸がんを予防する効果があるアミノ酸もあるのです。その他にもアミノ酸の効果はまだまだあります。安定した摂取のために、牡蠣エキスでの摂取が安心です。

グリコーゲン

グリコーゲンとは、ブドウ糖が複雑に絡み合った多糖類です。肝臓や筋肉にあるエネルギーの一時保管所です。急激に運動をしたときにエネルギーが足りなくなったときに、ここから補給したり、空腹時の血糖維持のためにも使われます。主に、疲労回復効果があります。脳に効果のある成分としても知られており、集中力を高めたり寝ている間も脳の活性化に関わっています。この他にも、血糖値を調節する効果があります。血糖値が低下して起きてしまう症状が出てしまうときに、身体が反応して血液中にグリコーゲンが放たれて血糖値を調節することによって、血糖値が低下したときに起こる動悸や手足の震え冷や汗などの症状を改善します。つまり、私たちの身体が危険と思われる状態になった時に活躍してくれるのです。このグリコーゲンが、牡蠣エキスには含まれています。

ミネラル

5大栄養素として知られているミネラルは、日本では13元素(亜鉛・カリウム・カルシウム・クロム・セレン・鉄・銅・ナトリウム・マグネシウム・マンガン・モリブデン・ヨウ素・リン)の総称です。人の身体では作られないので、食べ物やサプリメントから摂取する必要があります。ミネラルは、不足すると欠乏症となり、私たちの身体を心に影響を与えます。牡蠣エキスの中で特に注目したいのは、亜鉛です。亜鉛は、吸収しにくいミネラルと言われており、その効果も幅広いことから、意識して摂取することが必要となります。また、相性のよい成分と悪い成分があるので、そのような成分にも注目しながら摂取することで効率の良い摂取が可能となります。

ビタミン

牡蠣エキスの中に含まれているビタミンは、ビタミンB12です。ビタミンB12の効果は、赤血球の生成を促進して悪性貧血を予防する効果、妊婦の人には大変重要な葉酸が含まれているので胎児の成長を促します。さらに葉酸にはホモシステインの血中濃度を下げる働きがあります。この濃度が高いと、動脈硬化や心臓病のリスクが高くなりますので大変重要です。その他、エネルギー代謝や脂質の代謝にも関与しています。そして、神経機能の維持や改善の効果があるので、傷ついた末梢神経の回復効果や、腰痛などの治療にも使われています。このように、牡蠣エキスに含まれているビタミンB12はあらゆる効果のあるビタミンなのです。

牡蠣エキスサプリ人気ランキングはコチラ>>

このサイトについて