牡蠣エキス人気ランキング|牡蠣エキスの選び方

HOME | 運営会社 | サイトマップ
お気に入りに追加
牡蠣エキスサプリ人気ランキング

市販の牡蠣エキスサプリの中でも人気の高い商品を牡蠣の産地、亜鉛の含有量、牡蠣エキス以外の有効成分を比較してランキング形式でご紹介します。

1位 贅沢亜鉛 牡蠣のチカラα

その他の有効成分 マカ、高麗人参、
ビール酵母
形状 ソフトカプセル
容量 90粒(約30日分)
牡蠣の産地 ○(広島県瀬戸内海産牡蠣肉エキス)
亜鉛含有量
(1日分あたり)
16㎎

・広島県瀬戸内海産の天然牡蠣エキスを使用
・亜鉛含有量(1日分のサプリに16mg)の多さと栄養価の高さが魅力
・マカと高麗人参配合で様々な症状に効き目があり老若男女問わず人気

成分・効能効果他すべてハイレベル!

亜鉛以外の栄養価も高く栄養バランスも取れているため、健康、美容、疲労回復など数え切れないほどの症状に効くといわれています。飲みやすくて継続したくなる安心安全サプリです。

お申込みはこちら詳細はこちら

2位 ミルク牡蠣サプリメント

その他の有効成分 鹿角霊芝、ローヤルゼリー、長命草、無臭長野にんにく
形状 ソフトカプセル
容量 60粒(約30日分)
牡蠣の産地 ○(石川県能登産ミルク牡蠣エキス)
亜鉛含有量
(1日分あたり)
不明

・使用している牡蠣は能登半島産の濃厚ミルク牡蠣
・希少成分である鹿角霊芝は、熊本県産を使用
・長野県産無臭にんにくは、スコルジニンの量が多い

このサプリなら疲労回復確実!

疲れ成分に強い味方である能登半島産の天然牡蠣エキスを使用しており、その他にも熊本県産鹿角霊芝や長野県産無臭にんにくを使用して、完璧な疲労回復効果を目指しています。

お申込みはこちら詳細はこちら

3位 海乳EX

その他の有効成分
形状 ソフトカプセル
容量 62粒(約31日分)
牡蠣の産地 ○(広島県産牡蠣肉エキス)
亜鉛含有量
(1日分あたり)
12㎎

・広島県産江田島区域の天然牡蠣エキスを使用
・毎日の食事で足りない栄養素をカバーできる
・男女、年齢関係なく幅広い効果が期待できるので人気

人気の理由は分かりやすい成分配合だからこそ

海乳EXで、健康と美容に効果を発揮している人が増えています。牡蠣エキスだけではなく、ミネラルやアミノ酸、ビタミンなどが含まれているのでどの年齢層の男女にも人気です。

お申込みはこちら詳細はこちら

4位 養蜂堂 黒宝牡蠣王

その他の有効成分 すっぽん、にんにく
形状 ソフトカプセル
容量 120粒(約30日分)
牡蠣の産地 ○(瀬戸内海産牡蠣エキス)
亜鉛含有量
(1日分あたり)
10㎎

・青森県産のにんにくを独自の技術でポリフェノール17倍にまで増量
・すっぽんは丸ごとパウダー状にして配合
・瀬戸内海産の天然牡蠣エキスを1日で10mg摂取可能

牡蠣エキスをメインにパワーが付くものを配合

牡蠣王は瀬戸内海産の天然牡蠣エキスを配合したサプリメントです。1日に10mgの亜鉛を摂取でき、さらに青森県産のにんにくとすっぽんを丸ごとパウダー状にして配合しています。

お申込みはこちら詳細はこちら

5位 カキプラスZ

その他の有効成分 ブルーベリー葉エキス、セサミン(黒ゴマ抽出物エキス)、クルクミン(ウコンエキス)
形状 ソフトカプセル
容量 120粒(約30日分)
牡蠣の産地 ○(瀬戸内海産牡蠣エキス)
亜鉛含有量
(1日分あたり)
7㎎

・瀬戸内海産の天然牡蠣エキスを1日7mg摂取することができる
・国際規格を取得した工場で製造されているので安心できる製品
・セサミン、クルクミン、ブルーベリー葉エキス、ビタミン類と贅沢な配合

製品の内容は右に出るものナシ

カキプラスZは、亜鉛を1日7mg摂取できるだけではなく、セサミン、クルクミン、ブルーベリー葉エキス、ビタミン類とかなり豊富な内容となっていて満足度はかなり高いです。

お申込みはこちら詳細はこちら

6位 肝パワーE+

その他の有効成分 長野産ジャンボにんにく、紀州産南高梅
形状 ソフトカプセル
容量 3粒×15包(約15日分)
牡蠣の産地 ○(広島県産牡蠣エキス末)
亜鉛含有量
(1日分あたり)
不明

・広島県産牡蠣のみを使用したサプリメント
・亜鉛の吸収を促進するクエン酸(南高梅)を配合
・無臭の長野県産にんにく配合(1日でにんにくエキス100mg)

オール国内産の原料です

国内産の原材料にこだわって作られているサプリメントです。広島県産牡蠣、長野県産にんにく、紀州産南高梅、各種ビタミン群を含んでおり、贅沢な内容で健康をサポートします。

お申込みはこちら詳細はこちら

牡蠣エキスサプリの選び方

牛乳のように様々な栄養素を含んでいることと見た目も乳白色の身であることから「海のミルク」と呼ばれる牡蠣は、不足しがちなミネラルやビタミンを豊富に含んでいることからサプリメント界でも話題の食材です。そんな牡蠣をじっくりと長い時間をかけて煮詰めて抽出された牡蠣エキスを含んだサプリメントは、男女問わず人気があり、いろんな商品が発売されています。

牡蠣エキスサプリを選ぶうえで大切なことは、
1.国産の牡蠣エキスが配合されたサプリを選ぶ
2.亜鉛の含有量の多いサプリを選ぶ
3.牡蠣エキス以外の有効成分が入っているサプリを選ぶ

です。

1.国産の牡蠣エキスが配合されたサプリを選ぶ

牡蠣エキスサプリを飲むなら配合されている牡蠣の産地にこだわって選びましょう。やはり国産の牡蠣は、身も大きく、栄養分もたっぷり含まれ、生で食べても加熱してもとても美味しいです。特に広島県、瀬戸内海は、国内でも有名な産地で国内の牡蠣の収穫量の約60%を占めています。その他にも石川県能登、北海道厚岸、三重県伊勢、三陸沖なども有名です。
広島の牡蠣の特徴は、殻は小さいですが、身が大きく、味が濃厚ということです。そして広島県独自の条例を定め、食品衛生上の対策が万全に取られているため、安全性が高いということも広島の牡蠣の大きな特徴です。

2.亜鉛の含有量の多いサプリを選ぶ

牡蠣には、亜鉛が豊富に含まれています。その亜鉛の含有量が多いということは、それだけ濃厚な牡蠣エキスがたっぷりサプリに入っている証拠です。亜鉛は、体内では作り出すことが出来ないミネラルなので亜鉛を多く含んだ牡蠣エキスサプリを摂取することは、亜鉛不足解消に繋がります。牡蠣エキスサプリを飲んでいつまでも若々しく、元気な身体を手に入れましょう。

3.牡蠣エキス以外の有効成分が入っているサプリを選ぶ

牡蠣エキスだけでも十分たくさんの有効成分が含まれていますが、せっかく飲むならそれ以外の有効成分も含まれているサプリを選びましょう。どのサプリにも言えることですが、サプリというものは、たった1回飲んだだけで効果を発揮するものではありません。毎日、継続して飲み続けることで効果を実感できるものです。サプリを飲んでいる人の中には、数種類のサプリを毎日飲んでいるという方もいらっしゃると思いますが、もし1つのサプリでその他のサプリに含まれている有効成分も一緒に摂取出来るならば、とても便利で経済的です。複数のサプリを飲んでいる場合、有効成分によっては、摂りたい栄養素の吸収を妨げる相性の悪い成分が入っている場合もあるので注意が必要です。1種類のサプリにたくさんの成分が入っているものは、製造する段階でしっかり成分について研究されたうえで配合されているので有効成分がちゃんと吸収しやすいように配慮されて作られているので安心です。


不足しがちな亜鉛たっぷりの牡蠣エキスに注目!

今までカルシウム不足や鉄分不足などは、気にしていたという人も多いと思いますが、ここ近年で特に注目が集まっているのが「亜鉛不足」です。亜鉛は、体内の中に存在していますが、亜鉛を体内で作り出すことはできないため、食品などを摂取することでしか補うことが出来ない成分です。
そもそも亜鉛不足が起きる原因は、何でしょうか?

【原因1 現代人の食生活】

まず私達が無意識に摂っている食事に原因があります。亜鉛が一番多く含まれる食品として牡蠣が有名ですが、牡蠣以外の魚介類、肉類、乳製品などさまざまな食品に亜鉛は含まれています。現代人は、食べ物に恵まれ、苦手な食べ物は避けて好きなものを食べて偏食がちであること、さらに技術革新によって生まれた加工食品、インスタント食品、スナック菓子など亜鉛の含まれない食品を好んで食べる傾向が強く、ますます亜鉛を摂る機会が減ってしまっていることが亜鉛不足に拍車をかけています。

【原因2 亜鉛の吸収を阻害する成分を含む食べ物の摂取】

亜鉛には、一緒に摂取すると亜鉛の吸収を阻害してしまう成分があります。

【亜鉛を阻害する成分表】

成分 注意すべきもの
食物繊維 穀類、藻類
フィチン酸 穀物・麦・豆原料の製品、インスタント食品
ポリリン酸 スナック菓子・インスタント食品の添加物
シュウ酸 紅茶、チョコレート、ココア、乾燥イチジク、粉コショウ、ラムのもも肉、ライムの皮、ナッツ、パセリ、豚肉、ケシの実など
タンニン コーヒー、紅茶、緑茶


食物繊維には、ミネラルを吸着する性質があり、特に亜鉛、鉄、銅は、その影響を受けやすいです。食物繊維は、ごはん、パン、麺類などに多く含まれ、特に日本人は、ごはんを主食としているので亜鉛不足になりやすいです。
フィチン酸は、食物繊維同様、亜鉛、カルシウム、マグネシウムと結びつきやすく、吸収を阻害します。フィチン酸は、穀物や豆類の表皮に多く含まれ、それらを原料とする加工食品に多く含まれます。
ポリリン酸は、スナック菓子やインスタント食品の添加物としてポリリン酸ナトリウム、ポリリン酸カリウムという形で含まれますが、体内から亜鉛を排出しやすくなる性質があります。
タンニンは、コーヒーや緑茶などの嗜好品に多く含まれ、タンニンと亜鉛が結びついて、体外へ排出されやすくなる性質があります。
シュウ酸は、亜鉛やカルシウム、マグネシウムと結合して塩を作り、結石となって体内で沈殿したり、体外へ排出されます。そのため、亜鉛の吸収を阻害します。
吸収を阻害しやすい成分がある反面、吸収を助ける相性の良い成分もあります。
・ビタミンC
・クエン酸
・動物性たんぱく質

これらの含まれる食品を摂ることを意識することも亜鉛不足解消にはとても重要なことです。

【原因3 ストレス】

仕事、学校、家庭など私達は、いろんな場所で多かれ少なかれストレスを感じながら生活しています。ストレスが発生した時、体内では、肝臓で亜鉛を原料にしてメタロチオネインという結合たんぱく質が生成されます。亜鉛は、原料として使われる分、消費され、不足してしまいます。亜鉛が不足した状態でストレスが発生した場合、精神的に落ち着かせる作用のあるメタロチオネインも不足し、うつ病や自閉症になってしまいます。

【原因4 激しい運動や労働】

亜鉛は、激しい運動や労働によって汗をかいて体外に排出され、疲労によって消費されます。適度な運動は、ストレス発散や運動不足解消になり、良いことですが、激しい運動は、体に負荷を与えることになります。何事も適度が大切ですね。

【原因5 アルコールの過剰摂取】

亜鉛は、アルコールを分解する際にも消費します。アルコールを適度に摂ることは、ストレス発散や健康に良いですが、こちらも大量に摂取すると亜鉛不足になり、せっかく気持ちよくお酒を飲んでいてもストレス発散されず、肝臓にも悪影響を及ぼします。よく深酒すると飲んでいる時は、とても気持ちがいいですが、次の日、起きると虚しくなったり、落ち込んだりしてしまうのは、もしかすると亜鉛不足の影響かもしれませんね。

【原因6 薬や治療】

抗生物質、高脂血症の治療薬、抗ガン剤などの薬やがんの治療などで行われる放射線治療には、亜鉛の吸収を低下させる作用があります。そのため、がんの患者さんが亜鉛不足による味覚感覚の障害や口内炎を起こすことがあります。病気の治療と共に亜鉛の摂取にも気を付けなければいけません。

亜鉛の不足の原因は、私達の生活の中で無意識のうちに起きていて、いつの間にか亜鉛不足に陥っていることが解ると思います。亜鉛不足を解消するためには、ダイエット同様、バランスの良い食事、ストレス解消、適度な運動が大切ですね。それは、解っていてもなかなか実践出来ないのが、人間の弱いところです。
そんな時、私達を助けてくれるのが、亜鉛サプリメントです。
亜鉛サプリメントは、手軽にスーパーやドラッグストアで購入できるものからインターネットでしか購入できないものなどさまざまありますが、その中でも亜鉛の含有量ナンバーワンの牡蠣エキスを配合したサプリメントについて着目し、牡蠣エキスの効能、成分、副作用など牡蠣エキスとはどんなものかについて調べたことをこのサイトでは、紹介しています。亜鉛不足解消のために亜鉛サプリを服用しようかと考えている方の参考になればと思います。

牡蠣エキスサプリ人気ランキングはコチラ>>

 


このサイトについて